重大事件の判決に大きく関わる裁判員にあなたがなるかもしれません。

 

呼び出し状が届いたら

裁判員候補者に選ばれると、「裁判員等選任手続期日のお知らせ(呼出状)」が、裁判所に行く日の約6週間前(審理が通常より長くかかる可能性がある場合は8週間前)に届きます。

 

この日から、数日間裁判員になる可能性があります。

 

この日は必ず裁判所に来てくださいという内容です。

 

封書には裁判所に行かなければならない期日などが書かれた文書とともに質問票という用紙も同封されています。

 

法律で認められた一定の理由がある場合、辞退を希望することもできます。

 

質問票は次の法定辞退理由に当てはまる人が辞退を希望するかどうか確認するための書類です。

 

  • 仕事で重要な用務があって、自分がこれを処理しなければ大きな損失が生じる恐れがある場合
  • 70歳以上の人
  • 学生/生徒
  • 女性が妊娠中または出産から8週間を経過していない人
  • 重い病気や障害により裁判所へ行くことが困難な人
  • 介護や育児を行わなければ、日常生活を営むのに困難な同居の親族がいる場合
  • 同居していない親族、または親族以外の同居人を介護/養育する必要がある場合
  • 親族または同居人が重い病気やけがの治療を受けるために入/通院等に付き添う必要がある場合
  • 妻/娘が出産する場合の入退院への付き添い、出産への立ち会いが必要な場合
  • 住所が裁判所の管轄区域外の遠隔地にあり、裁判所に行くことが困難な場合
  • 過去5年以内に裁判員または補充裁判員の職務を務めたことがある人
  • 過去1年以内に裁判員候補者として選任手続期日に出頭したことがある人
  • その他、裁判員としての職務を行うこと等により、本人/第三者に身体上、精神上、経済上の重大な不利益が生ずる場合

 

仕事が忙しいという理由

 

仕事の都合などの理由で辞退する場合は、具体的に会社規模、自分の仕事、どのような理由など細かく具体的に質問票に記入し、できるだけ早く返信しましょう。

 

判定のポイントは@会社規模A担当業務の代替人員の可否B予定業務の日程変更可否となります。

 

一般的には単に仕事が忙しいだけでは辞退は認められません。

呼び出し状が届いたら記事一覧

呼び出し状に記載されている日にちまでどうやって過ごせばいい?

呼出状が来たからといって、裁判や法律の勉強をしたり、最近起こった事件を事前に調べておく必要はありません。当日および裁判員になった場合の拘束期間のスケジュール調整のみ行っておいてください。裁判員候補者として呼出されても、ほとんどが裁判員として選ばれないことも覚えておきましょう。

≫続きを読む

 

ちょうど選任手続き日に旅行の予定が入っています

経済上の不利益に該当するので、辞退理由に該当します。旅行などと選任手続き日が重なる場合、キャンセル料が発生する場合があり、これは「経済的な不利益をもたらす」と裁判所に判断され、辞退が認められる可能性に入ります。この場合、その日に旅行に行くことを証明できる書類が必要になる可能性があります。尚、調査票が...

≫続きを読む

 

自営業者は辞退できる?

自営業者というだけで直ちに辞退が認められるわけではありません。自営業にもさまざまな仕事がありますので、最終的には個別のケースごとに裁判所が判断することになります。辞退の理由として焦点になるのは、他の人に代われる仕事ではないか、裁判員になることで発生する経済的な影響はあるかの2点です。自営業者で辞退を...

≫続きを読む

 

主婦なんだけど小さい子供を膝の上に乗せて裁判に同席させたい

子供が同席することはできません。子供は裁判員席に座ることはできません。評議の席に子供を同席させることもできません。裁判所内には子供を預けられる施設はありませんので、裁判所へ問い合わせてください。裁判所では裁判員候補者に選ばれた小さい子供を持つ親にも安心して裁判に参加できるように保育所の一時保育や児童...

≫続きを読む

 

急な出張が入った

呼出状が届いている場合、裁判日程の変更は無理なので、辞退の申請をしてください。質問票などでその事情を記載し、裁判所に辞退の申請をします。呼出が取り消されるかもしれません。

≫続きを読む

 

自分が担当する事件の内容はいつわかる?

担当する事件は、裁判当日に初めてわかります。裁判員候補者は、選任手続き期日に初めて自分の担当する事件の内容を知ることになります。前もって自分がどんな事件を担当するのかを教えてもらうことはできません。

≫続きを読む

 

質問票に虚偽の記載をして返送したらどうなる?

30万円以下の過料または50万円以下の罰金を支払うことになるかもしれません。裁判員候補者が質問票に虚偽の内容を書くことは法律で禁じられています。もし、虚偽の内容を書いてしまった場合は、30万円以下の過料(行政処分としての制裁)に処せられることがあります。さらに悪質だと判断されると50万円以下の罰金(...

≫続きを読む

 

日々を親類の介護に追われていて、裁判員になれる時間がない

裁判所が認めた場合のみ辞退できます。介護をしている人がいるという漠然とした理由だけでは辞退が認められるケースは少ないでしょう。介護がどの程度必要か、他の親族などが代わることはできないのか、などの個々の事情を考慮して最終的にケースごとに辞退を認めるかどうかは裁判長が判断することになります。面倒を見なけ...

≫続きを読む

 

裁判員候補者になったことを家族や会社の上司に話してもいい?

公表することは許されませんが、身近な人に話すのはOKです。裁判員への接触や働きかけを防いだり、裁判員裁判の公平さを維持するために法律上、裁判員であることを公にすることは許されていません。しかし日常生活の中で、家族や会社の上司など身近な人に自分が裁判員候補者であることを話すのはOKです。

≫続きを読む

 

裁判員候補者になって会社を休むとき、有給扱いになる?

仕事を休むことはできるが、有給扱いになるかどうかは各企業の判断に委ねられます。裁判員候補者になり、仕事などで休みをとらなくてはならなくなった場合、法律では必要な休みを取ることが認められています。しかし、その期間を有給扱いにするか、無休扱いにするかは各企業の判断に任せられていますので、企業によっては全...

≫続きを読む

 

裁判員になったことで、会社から解雇される?

れは法律で禁じられている行為で、もしそのようなことがあれば会社を訴えることができるので、労働基準監督署へ届け出てください。裁判員として仕事を休んだことによる解雇など不利益を当事者にもたらすことは裁判員法で禁じられています。もし、解雇など不当な扱いを受けた場合は、最寄りの労働基準監督署へ届けましょう。

≫続きを読む

 

裁判員はどこの裁判所に行けばいい?

住んでいる地域の地元の裁判所に行くことになります。裁判員候補者名簿は各市町村の選挙人名簿を元に作られますので、原則として都道府県の県庁所在地にある地方裁判所の本庁へ行くことになります。ただし、八王子、小田原、沼津、浜松、松本、堺、姫路、岡崎、小倉(福岡)、郡山の10支部の場合、支部の取り扱い区域に居...

≫続きを読む

 

大阪から東京に単身赴任中に、自宅に呼び出し状が届いた

規定の交通費、宿泊費が支払われます。裁判所から呼出状が届いて、裁判所へ行かなければならない場合、裁判員(候補者)は、規定で定められた旅費などを受け取ることができます。裁判所まで鉄道を使っていく場合、片道の利用区間が100km以上のときは新幹線を使うことができます。(普通電車で行けば宿泊しなければなら...

≫続きを読む

 

身体的障害をもっているのですが

障害の内容によって裁判員に選ばれることがあります。障害があるというだけでは裁判員から除外されるということはありません。身体障害者が裁判員に選ばれた場合でも、問題なく裁判に参加できるように裁判所は施設設備を整えています。例えば視覚障害者の場合は選任手続きの書類を点字に翻訳したり、裁判所ないに盲導犬を同...

≫続きを読む