重大事件の判決に大きく関わる裁判員にあなたがなるかもしれません。

 

審理開始

審理の時間になると、裁判長を先頭に、右陪席裁判官、左陪席裁判官、裁判員の順に法定の中に入ります。

 

裁判員の席は、3名の裁判官を取り囲むようにして作られていますので、入廷した順番に奥から詰めて入ります。

 

法廷の中に入ると、裁判所書記官が起立の号令をかけます。一般傍聴人も含めてすべての人がここで黙礼をします。

 

裁判員席から見て左側に弁護人、右側に検察官となります(裁判所の建物構造から反対の場所もあります)

 

着席の後、被告人が法廷に立ち、冒頭手続きが始まります。

 

人定質問(本人確認)、検察官による起訴状の朗読が行われます。

 

起訴状の中には、公訴事実(どこでどんな犯行をしたか)と罪名及び罰条(法律上どの条文に違反しているか)があります。

 

起訴状の朗読が終わると、裁判長から被告人に黙秘権などの説明があります。これは権利告知といって、被告人は法廷で聞かれたこと全てにおいて、答えることもできるし、答えないこともできる、その一部だけ答えることもできる、しかし話すことは有利・不利を問わず証拠になります、というものです。

 

次に被告人の意見陳述に移ります。起訴状に対する異議や間違いがある場合、意見を言います。

 

これで冒頭手続きは終了です。

 

続いて裁判は審理に入ります。

 

審理とは裁判の対象になる事実関係や法律関係を裁判所が取り調べて明らかにすることです。

 

審理は第一段階として証拠調べ手続き、第二段階として弁論手続きにわかれます。

 

証拠調べ手続きの最初に行われる冒頭陳述とは、これからどんな証拠によって、どんな事実を証明しようとするのか検察側、弁護側がそれぞれ描いた大まかな事件のシナリオです。

 

(例えば殺人事件では、犯行当時殺意があったかなかったが刑罰に大きな影響を与えるので争点となることがあります)

 

冒頭陳述が終わると証拠調べに入ります。検察官や弁護人が提出した書類や凶器などを取り調べ、証人や被告人に対する質問を行います。

 

ここでは、犯行に使用された凶器、遺体の解剖写真などが裁判官と裁判員に示されることになります。

 

そのほか、事件の被害者や目撃者、医師などの鑑定人など関係者に対する証人尋問や被告人に対する質問も行われます。裁判員は、証人や被告人に聞きたいことがあれば裁判長の許可を得て、証人や被告人に質問することもできます。

 

これで証拠調べ手続きは終了です。

 

審理はすべて1日で終わるとは限らず、裁判員の参加する裁判は連日開廷するので、時間の関係上区切りのいいところで裁判長が審理を中断します。その場合、審理は翌日に持ち越すことになります。

審理開始記事一覧

開廷中、裁判員は具体的に何をすればいい?

法廷であったことを見聞きするのが裁判員の任務です。法廷では、検察官や弁護人がお互いの主張や立証をしたり、被告人が事件についての思いを述べたりします。裁判員は法廷であったことを見聞きし、自分なりの考えをまとめればいいのです。裁判は数日にまたがるケースがほとんどですので、裁判の最初から最後まで、しっかり...

≫続きを読む

 

死体などの写真はトラウマになりそうなんだけど、見なければならない?

裁判員はすべての証拠を見なければなりません。ただし、心理的負担の少ない方法を模索していくとしています。尚、どうしても死体などの証拠写真への抵抗がある場合や、大きな精神的負担となり、今後の日常生活へ支障が出ることが分かっている場合は、「精神上の不利益」に当たるとして、辞退が認められる可能性がありますの...

≫続きを読む

 

傍聴席に知らない人がいっぱい座っているけど、事件の関係者なの?

事件の関係者や一般の傍聴人、その他社会的関心の高い事件の場合、マスコミ関係者の場合もあります。家庭裁判所などで扱う非公開の事件を除き、裁判は公開が原則であり、法廷が開かれていればいつでも傍聴することができます。また、事件の被害者や遺族などは優先的に裁判を傍聴できる制度が設けられています。

≫続きを読む

 

被告人や証人に質問したいときはどうすればいい?

裁判長が、裁判員による質問の機会を設けてくれるので、そのときまで待ってください。裁判員は裁判の中で、裁判長が裁判員に質問を求めた場合に、被告人や証人に質問をすることができます。些細なことでも問題ありませんし、回数制限もありませんので、いろいろな質問ができます。

≫続きを読む

 

テレビではよく裁判の様子が報道されるけど、裁判員の顔もテレビに出たり新聞に載った...

報道されることを望まない人は拒否することができます。現在の裁判では、法廷内の報道機関などの撮影を開廷前に認められることがあります。裁判員裁判の場合、3名の裁判官を取り囲むようにして裁判員の席が設けられていますので、裁判員の顔もテレビや新聞などで報道される場合があります。自分の顔がメディアで報道される...

≫続きを読む

 

テレビでは裁判での被告人の似顔絵をイラストで報道されたりするけど、裁判員も似顔絵...

裁判員の似顔絵がメディアに報道されることは十分にあり得ます(実際に最初の裁判員裁判でも報道されています)現在の日本では、審理中の法廷内での撮影や録音は禁じられています。そのためメディアでは、似顔絵などで法廷の様子を伝えるのが主流になっています。似顔絵の肖像権については、手錠や腰縄がついた状態でなけれ...

≫続きを読む

 

法廷や評議室に入ったら携帯の電源は切らなくてはならないの?

携帯電話の電源は切っておいたほうがよい。法的に禁止されているわけではありませんが、常識として電源を切っておきましょう。どうしても緊急の用事が入る可能性がある場合などは、マナーモードに設定の上、休憩時間などに折り返すのが良いでしょう。

≫続きを読む

 

法廷や評議室にパソコンを持ち込みたい

裁判所内にパソコンを持ち込むことは問題ないが、法廷や評議室には持ち込みできません。ただ、最近は、法廷にパソコンを持ち込む裁判官もいるようですし、ノート代わりにパソコンを使う人も増えているようですから、裁判長に申し出てみてはどうでしょうか?

≫続きを読む

 

もっと詳しく事件を知りたいので被告の供述調書を自宅に持ち帰って読ませてほしい

裁判に使われた資料を自宅に持ち帰ることはできません。供述調書とは、被告人などが警察官などに取り調べで話した内容を記録した書類のことです。裁判員裁判では、供述調書は検察官が読み上げることになっています。裁判員は、原則的に法廷で見聞きしたことをもとに、事実の認定と量刑を判断することになります。

≫続きを読む

 

事件の被告人に顔を見られたくないので、法廷で顔を隠して参加することはできない?

裁判員は法廷で顔を隠すことはできません。裁判は、公開で行われることが原則なので、裁判員が法廷で顔を隠して参加することはできません。裁判の公平性の面からみても同様です。裁判員法では、サングラスや帽子、マスクの着用について特に指定はありませんので、これらの着用可否は担当する事件の裁判長に委ねられることに...

≫続きを読む

 

被告人が顔や格好など見た目で損をするということは?

本来あってはならないことだが、その可能性はあります。美人だから、人相が悪いからなどで損得のある判決が出る恐れが危惧されています。服装についても犯罪防止や自殺防止の観点からこれまではネクタイやベルトの着用は認められず、保釈されなかった被告はジャージにサンダル姿が定番でしたが、これでは一見犯罪者のイメー...

≫続きを読む

 

裁判所は新聞やテレビの報道ではなく、裁判の内容だけで事件を判断しなければならない...

裁判員は、メディアの報道に左右されてはいけません。テレビなどのメディアが報道する事件内容と、あなたが裁判で感じたことは全く違うかもしれません。この場合、あなたが実際に裁判で感じたことを重視するようにしてください。それが、結果的に冤罪などの間違った判決をなくし、正しい判決を導き出すことにつながります。

≫続きを読む

 

検察官や弁護士に質問することはできる?

検察官や弁護人に質問することはできません。検察官や弁護人の役割は被告人の事件に対する証拠を裁判所に提示することです。このため、検察官や弁護人が提示した証拠のみで裁判所は判断することになります。取り調べの仕方などを検察官や弁護人に質問することはできません。裁判員が質問できるのは、証人・鑑定人・被告人だ...

≫続きを読む

 

裁判員はどのくらい証拠などの資料を読む必要があるの?

裁判員が読み込む必要のある書類はほとんどありません。裁判員は、基本的に法廷で見聞きしたことだけで事件の判断をすることになります。例えば、審理の中で検察側が証拠として提示した事件のあった建物の見取り図、現場写真などは審理の最中に裁判員も目を通すことになります。しかし被告人の膨大な供述調書などを裁判員が...

≫続きを読む

 

目撃者の言うことは信用できるの?

目撃者でも記憶があやふやだったり、事件に対する思いこみがある可能性がある事件を実際に目撃した人の証言は、裁判の有力な証拠になることもありますが、それらがすべて信用に足るものかどうかというと、考えものです。思いこみや記憶違いなども混じっている可能性があるからです。目撃者の証言は、あくまでも判断材料の1...

≫続きを読む

 

実況見分調書って何?

警察官が事件現場などの状況を記録した書類のこと事件が起こると、直後に警察官は現場の検証作業を行います。その様子を細かく書類にしたものが実況見分調書です。実況見分調書には、事件の起こった日時、場所、現場の見取り図や写真などが添付されています。

≫続きを読む

 

被告人が複数の事件を起こしていた場合、すべての事件について同じ裁判員が担当するこ...

事件を複数に分けることになる場合もあります。被告人が複数の事件について起訴された場合は、事件をいくつかに区分することができます。そして区分した事件ごとに裁判員を選びます。例えば、3つの罪で起訴され、3つの裁判に区分した場合、最初の2つの事件については、有罪・無罪のみ判定し(部分判決)、最後の1つの事...

≫続きを読む